保険乗合代理店協会は、お客様に対して、永続性を持って最善のサービスを提供することを第一とし、あわせて保険業界、代理店の成長・発展に寄与します。

一般社団法人保険乗合代理店協会 新規会員募集
一般社団法人保険乗合代理店協会 会員について
一般社団法人保険乗合代理店協会 よくある質問
一般社団法人保険乗合代理店協会 パンフレットダウンロード

保険代理店経営・実務ノウハウや最新セミナー情報をご案内!

ご登録されたいE-mailアドレスを
入力し、ご希望の項目ボタンを押
してください。

一般社団法人保険乗合代理店協会 理事会・総会・定例会 スケジュール
一般社団法人保険乗合代理店協会(保代協)事務局 お問い合わせ先
トップ > ニュース

金融庁コラボセミナー:イベントレポート

[2016年02月22日]

1月中旬から2月上旬にかけて、
「体制整備ポイントと実務事例2016」セミナー」を
金融庁をお招きして開催、無事終了いたしました。

 

各会場、週末開催にも関わらず非常に多くのご来場を頂き
ご参加頂いた皆様には、改めて御礼申し上げます。
------------------------
<各会場参加者>
1/15(金)高松 141名
1/30(金)金沢 151名
2/12(金)熊本 252名
――――――――――――
計       544名

セミナーの前半は金融庁総務企画局企画課 保険企画室より
改正保険業法に関する講演を頂きました。

単に法解釈の説明ではなく、これまでの背景や意図といった
全体像を解説していただき、参考資料を用いながら
”よくあるご質問”も含めたなかでの、
具体的な解釈をご講演頂きました。


「この改正法の解説をさせて頂くにあたり、
 東京や大阪以外で行う、こういった機会は非常に大事。

 各地方で開催し周知を行うことに意味が有る。
 今回は法改正の意図や(当局として)代理店の皆様が
 なにを期待しているのか、そこを伝えたい」

 


「情報提供、意向把握はもともと行っていたと思うが、
 法令上にその根拠は乏しく、明示的に規定し、
 最低基準を引き上げようと義務化した」

<ご講演>
課長補佐 石田勝士氏(全会場)
課長補佐 小森智洋氏(熊本)
保険企画係長 高橋将文氏(高松、金沢)

 


セミナー後半は保代協理事が登壇するパネルディスカッション。
法改正まで残り4ヶ月と迫る中、
実際の現場で始まった体制整備PDCAの状況を共有、

「体制整備における組織体制の見直しは、
 規模特性に応じてではあるが、セールスと内部統制を
 明確化する必要がある」とし、

そのドラスティックな組織変更事例や、
意向把握、比較推奨の考え方の共有、
金融モニタリングレポートの読みときなどを行いました。

「法改正はあくまでスタートライン、
 その先のお客様への貢献こそが保険代理店が存在する意義である」
といったメッセージで幕を閉じました。

<パネルディスカッション>※敬称略

コーディネーター:堀井計(全会場)
        :滝本豊水(金沢)

パネラー:水野明(全会場)
    :杉山将樹(高松、熊本)
    :皆川史樹(高松)
    :富永辰人(金沢)
    :長坂誠司(金沢)
    :荒川宗久(熊本)

エンディング:松村光範(全会場)

会場の受講者からは下記のようなご評価を頂きました。

・「今回のような現場目線の内容はなかなか聞くことができない」
・「業界全体を把握できるセミナーはなかなかない」
・「当局の意図を肌で感じることができ、兜の緒がしまった」

今後も保険代理店協議会では全国でイベントを行い
法改正の対応とともに、その先どのようにして差別化していくか、
そんな周知活動を開催していく所存です。

保険代理店協議会 広報